医学部予備校ガイドTOP » 【アガルートメディカル】カリスマプロ講師によるオンライン授業 医学部合格への新たな選択肢

アガルートメディカル 【アガルートメディカル】カリスマプロ講師によるオンライン授業 医学部合格への新たな選択肢

  • 寺島 よしき 氏
    寺島 よしき 氏
    アガルートメディカル
    講師
  • 松田翔
    松田 翔
    医学部予備校ガイド
    担当

医学部合格のための、「オンライン予備校」という新しい選択肢

医学部合格のための、「オンライン予備校」という新しい選択肢

松田:この度、新しいカタチの医学部予備校を立ち上げられたとのことですが、どういった予備校かお伺いしてもよろしいでしょうか。

寺島:一言で言えば「必要なものを好きな時に好きなだけ受けられる予備校」です。今回アガルートメディカル立ち上げのために集まったメンバーは、とある医学部専門予備校で教鞭をとっていた講師のチームで、非常に高い医学部合格率を出していました。それぞれこの業界での経験も長く、全員が集まって指導をすることで生徒を医学部合格に導けることを実感し、もっと多くの人に届けたいと思いました。そんな時に、司法試験対策の通信講座を提供するアガルートアカデミーと出会ったのです。

松田:司法試験の対策と、医学部受験だと業界が違うかと思いますが、どういったシナジーが生まれたのでしょうか。

寺島:アガルートアカデミーと協力することで、先程申し上げた私たちのチームの授業をオンライン授業として、今までより多くの人に届けられるようになりました。 長年指導している中で、各教科で医学部合格に必要な要素はそれぞれ分かっていたので、あとはそれを映像に落とし込んで、好きな時に好きなだけ受けられる状態にしました。現役生でも浪人生でも、時間の取りづらい社会人でも医学部合格に必要なエッセンスを享受できるよう、オンライン授業という形で世に出すことにしました。

松田:医学部予備校のオンライン授業といえば、通常の個別指導をオンラインで実施するリアルタイムの指導が多い印象ですが、アガルートメディカルでは一方通行の映像授業にしたのですね。

寺島:もちろんリアルタイム授業もしています。そちらは後で詳しく話しますが、私たちが映像授業を積極的に取り入れたのは、先程の「好きな時に、好きなだけ」というのと、費用を安価にできるという部分が大きいです。医学部に通うのにはかなりの費用がかかりますし、医学部を目指すための予備校に通うのにも、普通の予備校の数倍の費用がかかります。
予備校によりますが、必要な全科目を受講すると年間数百万円かかりますし、中には一千万円を超えてくるような予備校もあります。アガルートメディカルでは、オンラインの映像授業のみであれば、1教科あたり69,800円(税抜)で受講することができるので、どなたでも受講することができます。
さらに今なら、奨学生募集を実施しておりますので、映像授業+160時間の個別指導がついて3,380,000円(税抜)のところを5名様限定で80%OFFの676,000円(税抜)となっております。学年不問(在学生・卒業生・社会人可)で、個別指導は通信・通学共に可能です。通信講座も当然受験に必要な全科目がついてきます。

松田:廉価かつ、オンラインであるが故の時間的自由度の高さを重視し、より多くの人に受講してもらうことを重視されたのですね。

寺島:もちろん、安さにこだわって質を落としたつもりはありません。アガルートメディカルでは我々プロが受験生をサポートすることにこだわっています。医学部専門予備校と呼ばれる予備校には、プロ講師もいる一方で、学生講師も多く在籍し、生徒のサポートは学生講師が担当していることも多々あります。
アガルートメディカルでは、映像授業に登場する我々しか講師がいないため、直接指導・サポートを行います。

松田:プロ講師と学生講師を比較した際に、異なる点を教えてください。

寺島:それぞれのメリット・デメリットがありますが、プロ講師にあって、学生講師に真似できないものは2つあります。1つは責任感です。学生講師は自分の学業があるので、テスト前や忙しくなってくるとシフトを減らしてしまい、いざというときに指導できないケースも少なくありません。プロ講師は生徒の指導を生業としている分、同一のケースは起きにくいといえます。もう1つは、学生講師は自分の経験からしか医学部受験を語れないということです。勉強方法は人によって異なり、自分に合った勉強をするのが合格への近道ですが、学生講師は自分の受験の成功体験が強く残っているため、プロ講師よりも指導が偏りやすい傾向にあります。一方で長年多くの受験生を見ていたプロ講師が、生徒一人一人の現状・性格に合わせて指導を組み立てられるのは言うまでもないでしょう。

医学部に合格に必須な要素を厳選し、一冊にまとめたMUST100″

医学部に合格に必須な要素を厳選し、一冊にまとめたMUST100

松田:アガルートメディカルのコンセプトは理解できました。続いて具体的な授業内容をお聞きしたいのですが、 どういった流れで授業は進んでいくのでしょうか。

寺島:MUST100というオリジナルのテキストに沿って授業は進みます。この100項目を頭に入れれば、合格に必要なものが一通り揃うという内容のテキストです。このテキストを作るために、直近の医学部入試問題を徹底的に洗いました。そこで気づいたのが、従来のテキストには載っているけど、全然入試に出ないものがある、ということです。そういった医学部合格に不要な部分を削って、厳選した100項目がMUST100という訳です。

松田:100項目ですか、少し心許ない気もしますね。

寺島:皆さんそう言います。ですが、これが事実なんです。医学部入試で出るものはこれで網羅されています。 英語であればMUST100とは別に、英単語帳最低1冊など最低限の基礎学習は要求されますが、それらを自学で学んでこのMUST100ができるようになれば、医学部合格に必要な点数はとれるようになります。
色々な参考書に目移りする必要はありません。大手予備校の授業や市販の参考書は学ぶ項目が多すぎる。このMUST100で十分網羅できます。
1年で合格したい現役生・浪人生、なかなか勉強の時間が取れない社会人の方も短期間で結果を出したのであれば、MUST100を集中して取り組むことをお勧めします。

カウンセリング付のコースで、プロ講師からの厳しい直接指導も

カウンセリング付のコースで、プロ講師からの厳しい直接指導も

松田:オンライン授業以外のサービスではどのようなものがあるのでしょうか?

寺島:大きく2つあります。1つは、授業以外にカウンセリングがついてくるコース、もう一つは160時間の個別指導もついてくるコースがあります。

松田:カウンセリングは専門のスタッフが担当されるのでしょうか。

寺島:いえ、私も含めて学科の指導をしている講師が担当します。医学部専門予備校では年齢の近い学生講師がカウンセリングを担当することも多いですが、アガルートメディカルでは学科の指導をしているプロ講師がカウンセリングを実施するようにしています。
学生と比べて生徒の結果に対する責任感が強く、時には厳しいフィードバックをすることもあります。特にやらなければならないことをやっていなかった時には厳しく指導をするようにしています。最低限やるべきことをやっていなかったら医学部合格なんて到底難しいのです。
もちろんただ突き放すのではなく、あくまで合格してほしいからこそのフィードバックになります。一人では不安になってしまうのが受験勉強なので、心のサポートも誠心誠意行います。動画を見せて終わりという無責任なことは致しません。

松田:オンラインという授業形態でも、生徒の合格への責任感は他の予備校に負けていないということなのですね。個別指導もされているとのことですが、こちらも詳しくお伺いしてよいでしょうか。

寺島:個別指導とのパッケージで受講してくれた方には、160時間の個別指導を受けてもらうことができます。講師はもちろん映像授業を担当している我々です。映像授業も当然ついてくるので、気になる部分を何度も見返してもらうのもよいですし、わからなかった部分を個別指導で納得するまで質問していただいてもよいです。本人の実力や希望に沿って、都合のよい使い方をしていただければと思っています。

松田:ありがとうございます。最後に、受験生に向けてメッセージをいただくことはできますでしょうか。

寺島:皆さんに伝えたいのは、点を取れば受かります、ということです。そしてそれに必要なものは全て提供させていただきます。あとは絶対に合格するという強い意志だけ、時間がない大人の方も、必ず受かりたい多浪生の方も、もちろん1浪、現役の方も等しく伸びることができるものを用意しております。皆さんに是非アガルートメディカルで合格を勝ち取って欲しいと思います。

編集者のコメント

寺島氏のインタビューを通じて、受験生が取りうる選択の幅が広がったと感じました。様々なバックグラウンドを持つ受験生が集まる医学部受験において、映像授業と個別指導の組み合わせで、必要なものを、好きな時に好きなだけ享受できる環境というのは、多くの生徒のニーズを満たせるものと思います。費用や地理的な問題で医学部専門予備校に通えていなかった方も、アガルートメディカルで一度話を聞いてみてはいかがでしょうか。

取材に協力していただいた予備校

アガルートメディカル 外観

アガルートメディカル

アガルートメディカルは、医学部受験に精通した講師による通信講座と個別指導を融合させたオンライン医学部予備校です。スマホやタブレット、バソコンで視聴する通信授業なので何度も見返すことができます。また、移動などの隙間時間も活用でき効率的な学習が可能です。個別指導は対面または通信でおこなうため、遠方のにお住まいの方も、一人ひとりの状況に合わせた徹底的な指導を受けることができます。

予備校詳細を見る 資料請求リストに追加

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!オンライン授業 おすすめ予備校特集