医学部予備校ガイドTOP » 全寮制予備校。生活環境でかわる学習効果!【太宰府アカデミー 中村茂徳氏 後藤祥子氏】

校舎一体型の全寮制予備校。生活環境でかわる学習効果!

医学部専門予備校にも「全寮制」があることをご存知でしょうか?予備校生は全員「専用寮に住み込み勉強する」という学習制度。食事管理や生活習慣の一切を心配することなく、生活の全てを受験勉強にあてられると言われており、興味を持っている受験生も多いでしょう。「どんなメリットあるのか?」と気になりますが、医学部予備校で全寮制を採用しているところは多くありません。
そこで私達は、九州の太宰府にある少人数の全寮制医進予備校「太宰府アカデミー」を訪ねました。受験を目指すために「なぜ全寮制を採用したのか?」「どんなメリット・デメリットがあるか?」など、あまり知られていない実情を伺ってきました。

  • 川﨑雄太 氏
    インタビュアー
    川﨑雄太 氏
  • 中村茂徳 氏
    英語講師
    中村茂徳 氏
  • 後藤祥子 氏
    寮母
    後藤祥子 氏

全寮制が受験に強い理由

合格に必要な2つのメリットがあります

太宰府アカデミー 中村茂徳氏

講師・スタッフとの豊富なコミュニケーション

川﨑:日本では数少ない全寮制を採用されている太宰府アカデミーならではの特徴を教えてください。

中村:はい、当校の一番の特徴は「講師・スタッフとのコミュニケーションが豊富」という点です。特に大手予備校では、複数の予備校をかけ持ちしている講師が多いため、十分なコミュニケーションをとれずに悩んでいる学生さんも多いと聞きます。しかし当校は専任講師・スタッフが常時校内に在駐しています。講師と生徒とが話をする機会も非常に多いので、色んな質問や相談を受けることができます。

川﨑:生徒さんの質問対応なども頻繁にあるのでしょうか?

中村:そうですね。職員室がほぼオープンスペースのような感じで、授業の後に生徒が立ち寄って、よく質問にきます。いつでも、遠慮なく質問できる雰囲気があります。時には夜の時間だけでは対応しきれず、翌朝6時からの予約になったりしますが(笑)。

川﨑:寮母さんも生徒さんとお話する機会は多いのでしょうか?

後藤:生徒たちも、「先生には話しにくい」ということもあるみたいで、そんな時は代わって聞くこともあります。困ったときは誰でも話しやすい人に声をかけてもらえれば、必要に応じて先生方とも共有して対応しますので安心して下さい。時折、生徒たち同士で試行錯誤しているのも見かけますが、私達も一人ひとりの助けになりたいなと思っています。

生徒間で親密な家族意識が生まれる

川﨑:生徒さんどうしも仲が良いようですね。

中村:生徒間で質問したり教えたりする光景はよく見かけます。教えるという「アウトプット」を通して自分の知識も整理されることになりますから、お互いにとても良い刺激になるのでしょうね。ほかにも英単語問題を出しあったり、過去問を使って「受験のシミュレーション」をやっていたり。どの生徒さんも色々工夫して勉強していますよ。

後藤:お互いライバルであり、同じ場所で暮らす仲間でもあるんです。「あそこの試験どうだった?」なんて情報交換もよくやっているみたいで。この年頃から「仲間と助け合える精神」を身につけておくことは、今後も豊かな人間関係を作る際も大きな助けになると思います。大学進学後も「良い人間関係を作り上げる」ことは必要ですから、ここで色んな経験を積んで成長してほしいなと思います。実際、太宰府アカデミー時代の友人とは、その後もいい関係が続いているようで、とても嬉しいです。

仲間がたくさんできる取り組み

一番は美味しい食事を皆で楽しむこと

太宰府アカデミー寮母 後藤祥子氏

季節イベントで楽しい食事

川﨑:良い仲間をつくるために、予備校側で取り組んでいることはありますか?

後藤:「食」の楽しみがすごく大切だと思っていますので、毎日の栄養のバランスはもちろん、大人数で楽しめる食事のイベントを定期的に行っています。例えば、屋上で美しい夕陽をみながらバーベキュー・かき氷・焼き芋。クリスマスには手作りのデコレーションケーキなど趣向を凝らしています。入試直前にも「激励会」と称して鍋をやってます。

中村:「鍋」は縁起を担いだ「水軍鍋」ですよ。村上水軍が必勝祈願と士気向上のために食べたとされる「水軍鍋」は、ハ方の敵を食うという意味で「蛸」を入れた美味しい鍋なんですよ。

山登りでリフレッシュしよう

川﨑:食事のイベントがメインなのでしょうか?

中村:希望者を募って山登りにも行きます。生徒さんは普段からかなりの勉強量をこなしているので、時には体を動かさないと風邪もひきやすくなるし、気分も沈んでしまうでしょう。リフレッシュのために年2回ほど、おこなってます。交通の便もよく自然にも恵まれている太宰府ならではのリフレッシュ方法です。

太宰府での生活

交通、施設環境、安全性のバランスとれた立地

インタビューの様子

受験生に適した土地柄

川﨑:確かにこの辺りは緑も豊かで、とても落ち着いた印象がありますね。ほかにも太宰府の魅力などを教えていただけますか?

後藤:太宰府を選んだ理由は、「遊びたくなる誘惑」がなかったことです。都市部は「カラオケ」や「居酒屋」とか、多くの商業施設が並んでいるので、ついつい遊んでしまうという子も出てしまいそう。太宰府は住宅街なので勉強に集中できる場所です。もう一つは「交通の便がよい」ということ。西鉄電車なら福岡(天神)まで特急で約13分。大学受験に行く時も不便はありません。その2点で受験生におすすめの場所だと思います。

土日も勉強する学習習慣を身につけられる

川﨑:受験に本気で向き合える環境なのですね。生徒さんは普段、どれくらいの勉強量をこなしているのでしょうか?

中村:自習も含めて、平日は朝8時から夜22時くらいまでやっています。土曜日も半日ほど授業があり、夜19時から講師と一緒に「合同自習」の時間となっています。また、日曜日も定期テストが科目ごとに行われます。一ヶ月に1度テストもない日曜日が1日あるので、それが「休日」になります。ここまでやるからこそ、「曜日関係なく勉強する習慣」がしっかり身につけられるんです。

後藤:どんなに厳格な実家でも、少々の甘えはつきもの。寮生活の中でしか作れない勉強習慣は確かにあると思います。「夏休みに帰省して、勉強から遠ざかってしまった」というケースもあるので、油断はできませんけど(笑)

授業内容について

五感をフルに使い学習効率を飛躍的に伸ばします

太宰府アカデミー 中村茂徳氏

明るく笑顔にあふれる授業

川﨑:そこまで勉強に打ち込めるってすごいですね。何か特別な指導法などもあるのでしょうか?

中村:授業も自習も「明るく笑顔で」をモットーにしています。私の性格もあるとは思いますが、「笑い」があると勉強に対するモチベーションは好転します。また、講師やスタッフや仲間同士のコミュニケーションにおいて「自分の言葉で話す」ことの大切さを常に指導しています。自分の考えを明確に伝えるという行為は大切です。それが上手くなると周囲の人との関わりがとても豊かで楽しいものになると考えています。最後にもうひとつ、「想像力」です。多くの学生は、「英文を読み翻訳して理解する」というプロセスになると思いますが、それだと長い文章は辛いんですよね。英文を読みながら、そのシチュエーションを映像でコマ送りするように想像すること。ここまでできると英語の勉強も楽しくなり、学習スピードが向上します。

たくさんの刺激を脳に与える

川﨑:想像力は大切かもしれませんね。あまり受験勉強では使われていない気がします。

中村:勉強は五感をフルに活用するのが一番効果的なんですよ。英文を黙読ではなく「音読」することで、スピーキングとヒアリングも同時に学ぶ。脳にたくさん刺激をあたえることで学習効率も良くなります。現在の医学部の受験問題の傾向は60%~70%を長文読解が占めており、次に英作文が重視されています。有機的な学習トレーニングを積んで確実な得点力を身につけてほしいと思います。

受験生にメッセージをお願いします

一緒に悩んで、一緒に喜ぶ!

川﨑:では最後に、この記事を読んでいる受験生の皆様にメッセージをお願いします。

中村:10月頃からは、受験勉強もいよいよ大詰めになる時期です。医学部受験に望む誰もが厳しい毎日を乗り越えていることだと思います。精神的に苦しいけれど「絶対合格する」「絶対医者になる」「自分は絶対大丈夫」というポジティブな気持ちを強く持つこと。そして体調管理には十分に注意すること。後悔のないように頑張って欲しいと思います。

後藤:医学部受験という同じ目標をもつ仲間だからこそ、苦しみも分かり合え助け合うことができます。悩みは半分になり喜びは2倍になる場所なんです。講師もスタッフも、全員一丸で子供たちの成長を応援しますので、一緒に頑張りましょう。

編集者のコメント

全寮制予備校では、本当に生活と受験が一体化しています。公私関係なく時間の限りを受験勉強にあてる。その分、苦しいこともありますが、講師・スタッフの方々が親身になって支えてくれています。さらに、校舎一体型寮は「自習のときでもすぐに講師に質問できる」というメリットも。受験生にとっては心強く、そして安心して勉強できる環境だと感じました。

取材に協力していただいた予備校

この予備校に資料請求する

少人数・全寮制予備校【太宰府アカデミー】 外観

少人数・全寮制予備校【太宰府アカデミー】

国内で数少ない寮一体型校舎での全寮制を採用した医学部専門予備校。少人数制だから密度の高い学習ができます。また家族のようなスタッフや同じ目標を目指す仲間とのコミュニケーションも豊富。厳しい受験期を共に乗り越えて合格する環境がココにあります!

他の講師取材記事を読む

女子専門メディカルフォレスト 数学に強い女子を育む特別プログラム

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンスへ潜入!

東京医進学院 最短で最善の効果を!短期集中講座・合宿

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

エースメディカルMM 東京医科大学/北里大学 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

NEW! 医学部入試 解答速報

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!

ご意見・ご要望

当サイトに関するご意見・ご要望をお寄せください。

送信する

※頂いた内容には返答いたしておりませんのでご了承ください。

送信完了送信が完了しました。
ありがとうございました