医学部予備校ガイドTOP » 【メディカルフォレスト】連載パート②3年目で念願の医学部合格を勝ち取った方法ー東京医科大学繰上合格 RMさん

連載パート②3年目で念願の医学部合格を勝ち取った方法ー東京医科大学繰上合格 RMさん

予備校名:メディカルフォレスト 掲載日:2017/09/22

画像

10ヶ月を通しての学習計画について

10ヶ月間、どの時期も同じ勉強ではあまり意味がありません。自分の学力レベルや時期に合わせて、勉強する内容を変えていく必要があります。

Ⅰ基本事項が定着していない場合
前期(4~7月)
数学:数学は予習が極めて重要です。わからない問題は飛ばしてもかまいませんので、必ず予習は行ってください。授業後は、間違えた問題を解きなおす作業を、少し時間空けて、継続的に行うと効果的です。基礎がない場合、難しい問題を解いても何も身に付きません。まずは教科書レベルの問題を必ず解けるようにしましょう。オススメなのは、毎日数Ⅲの微分積分の計算練習を行うことです。

英語:英語は担当の先生に従って勉強をするのがいいでしょう。ただし、英単語、イディオムは必ず毎日行ってください。

理科:私は、復習が最も重要だと考えています。問題集を解く前に、授業で習った範囲を全て理解した上で暗記する必要があります。暗記の作業は、きついと思いますが医学部に合格したいのなら、行うべきだと思います。その後は、問題集などの基本問題のみを解くとよいでしょう。前期の段階で、発展問題までする必要はないと思います。

夏、後期(8~10月)
数学:数Ⅲの計算練習は継続して行ってください。授業では、2週目に入っているかと思います。基本問題を間違えずに解けるようになっていれば、徐々に問題のレベルを上げ、入試レベルの問題に挑戦してみましょう。

理科:授業プリントの復習は10回以上行い、後期の間も何度も復習をしましょう。問題集などでは、前期の間に間違った基本問題の解き直し、発展問題にもチャレンジしてください。

直前期(11~1月)
11月に入ってからは赤本を解く必要があります。私の場合、8校ほど受験予定でしたのでその中でも優先順位を決め、解く年数を変えました。

予備校情報

資料請求リストに追加

テーマ型医学部専門予備校【メディカルフォレスト】

テーマ型医学部専門予備校【メディカルフォレスト】ロゴ

200人以上の合格実績を誇る、国公私立難関医大に強い医学部予備校です。清潔で快適な学習環境の中で、専属のアドバイザーが生徒一人ひとりにつき、毎日の学習管理を徹底します。講師やスタップによるきめ細やかなサポートを受けながら、あなたも医学部合格を一緒に勝ち取りませんか?再受験生や社会人の方も多く在籍しており、生徒一人ひとりに最適な合格プログラムを構築しますので、ご安心ください。

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンスへ潜入!

東京医進学院 2018年度私立医系大入試相談会

ビッグバン 大阪梅田校開設記念 秋の特別無料講座

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

TMPS医学館 医学部入試相談会

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!