医学部予備校ガイドTOP » メディカルラボ » メディカルラボ校舎別特徴 » メディカルラボ横浜校

メディカルラボ横浜校の特徴

校舎情報

住所:
神奈川県横浜市神奈川区栄町1-1 KDX横浜ビル2F
立地:
「横浜」駅きた東口より徒歩3分
チューター在籍数:
21人(2015年9月時点)

取材協力者

渡辺 裕志

渡辺 裕志氏

横浜駅から徒歩3分の横浜校
横浜駅から徒歩3分の横浜校
成長がわかるチェックテスト
成長がわかるチェックテスト
広々とした自習室
広々とした自習室

通学者について

メディカルラボ横浜校 渡辺裕志氏

川﨑:はじめに、横浜校に通う生徒さんの通学圏について教えて下さい。

渡辺:はい。生徒の8割~9割は神奈川県民ですね。その中のさらに8割くらいが「横浜市」と地元の割合が多いですよ。なかには、静岡から通ってくれている生徒もいますけど。ちなみに、現役生は「通学」、浪人生は「一人暮らし」が多いという傾向もあります。

川﨑:なるほど、現役生はと浪人生ではそんな違いがあるんですね!では現役生と浪人生の割合についても教えて下さい。

渡辺:現役生と浪人生は「どちらも50%程度」です。本来、浪人生なら「東京の予備校に通う」というケースが多いので少ない印象かも知れません。しかし、神奈川県内の医大を第一志望としているため、当校に通うという生徒も半数を占めています。

川﨑:現役生でいうと、どの高校の生徒が多いですか?

渡辺:そうですね、「桐蔭学園」「逗子開成」「湘南白百合」など中高一貫の私立高の生徒が多いです。帰宅路からは外れてしまいますが、積極的に通ってくれています。

在籍チューターについて

対談の様子

川﨑:横浜校にはチューターは何名くらいいるんですか?

渡辺:現在は21名です。昨今はチューター採用を増やしていて、神奈川だけでなく都内の大学からも多くの大学生がきてくれています。

川﨑:凄いですね!21名は、かなり多いほうだと思うんですが、もっと増える予定なんですか?

渡辺:そうですね。チューターを必要とする一番の理由って「大学進学後のリアルな話」を聞けることだと思うんです。大学での生活や勉強内容などは生徒には興味深いことだし、話を聞くことで生徒達のやる気も高まっていくんですよ。やっぱり一番聞きたい話は自分の「志望大学」の状況です。そのために、様々な大学の医学部生にチューターとして来てもらっています。

川﨑:確かにそうですね!ちなみに、どの辺の大学からが来てくれているのでしょうか?

渡辺:神奈川県と都内を中心に多数の大学から来てもらっています。県内では、横市・聖マリ・東海あたりです。都内からは慶応・慈恵・順天・東京医科・日本医科・東邦などですね。他の予備校ではなかなか聞けない話ばかりなので、大いに参考にしていただきたいと思います。

大学入試の特徴について

メディカルラボ横浜校 渡辺裕志氏

川﨑:神奈川県の面接入試は、どんな特徴がありますか?

渡辺:面接の特徴としては、北里大学が「集団討論」を採用している点が挙げられます。論理的な思考や周囲の意見を聴く力などを求められます。一方、東海大学と聖マリアンナ医科大学は、面接はオーソドックスで「小論試験」が特徴的ですね。東海は「地域医療」に関する出題傾向が強く、聖マリでは「漢字の読み書き」や「筆者の意見を踏まえて自分の主張を書く」など、現代文の試験要素が含まれている点が特徴的としてあります。

川﨑:面接よりも「小論文のほうが特徴的」という点は意外です。では、小論対策はどのようにおこなっていますか?

渡辺:一般的に小論文の対策は「基礎科目が終わってから」と後回し。どの予備校も9月以降から始める傾向があります。しかし、当校では、一年間継続して小論文の学習に取り組むようにしています。それは、「書く力」も他の科目同様、一朝一夕では身につかないからです。やっぱり継続して学ぶ必要があるんですね。さらに、小論文の学習は「読解力」を身につけるにも効果的なんです。「読解力」とは現代文の解答力などではありませんよ。「物事を熟考し本質から理解する能力」や、「答えなき問題に答えを見出す能力」など差します。すなわち読解力は、大学進学後も、社会に出てからも必要な能力なのです。

川﨑:大学入試と人材育成の2つを面から、早期から小論文対策をおこなっているんですね。

渡辺:はい、そのとおりです。一般の試験科目においても、物事の本質から考えることができれば、暗記に頼る必要もなくなります。全体の学習効率が上がるので絶対におすすめです。

受験生へのメッセージ

川﨑:それでは最後に、受験生へのメッセージをお願いします。

渡辺:偏差値にして、得意・不得意科目にしても、それぞれ個人差があります。でも「努力する才能」は全員平等に持っています。思い通りにいかないからといってやめてしまったら、これまでの努力の多くがムダになってしまう。何が悪かったのかはしっかり考えて、次に同じことをしないように再び努力しましょう。「継続して学ぶ」「言い訳をしない」「絶対に諦めない」は、誰でも必ずできること。合格した先輩たちもそうして乗り越えてきました。皆さんも、すぐに諦めず努力をし続けてください。

(※本記事は2015年9月時点での内容になります。)

取材に協力していただいた予備校

資料請求リストに追加

 外観

医系専門予備校【メディカル ラボ】

メディカルラボでは、受験生一人ひとりに対して合格までの【個別カリキュラム】を作成し、そのカリキュラムに沿って、プロ講師陣が【1対1のプライベート授業】を行います。これが他の予備校とは一線を画するメディカルラボ自慢の【学習システム】です。その他にも【個...

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 「衣・食・住」を備えた 全寮制で医学部合格を勝ち取る!

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!