医学部予備校ガイドTOP » メディカルラボ » メディカルラボ校舎別特徴 » メディカルラボ熊本校

メディカルラボ熊本校の特徴

校舎情報

住所:
熊本県熊本市中央区手取本町11-1 テトリア熊本銀染コアビル4F
立地:
熊本市電「水道町」駅より徒歩1分
チューター在籍数:
9名(2016年9月時点)

取材協力者

佐藤 裕典

佐藤 裕典氏

最寄駅から徒歩1分の熊本校
最寄駅から徒歩1分の熊本校
毎日最新の医療記事を提供
毎日最新の医療記事を提供
広々とした自習室
広々とした自習室

通学者について

メディカルラボ熊本校 佐藤 裕典氏

川﨑:まずは、熊本校の生徒さんの通学圏について教えてください。

佐藤:現役生の場合は、熊本市近燐が多く、浪人生には県外から通っている生徒さんもいます。福岡県、宮崎県、そして意外ですが、東京からも「落ち着いた環境で勉強したい」とのことで、引っ越されてくるケースもあります。

川﨑:東京から引っ越してくるというのは、たしかに予想外でしたね。提携寮などを利用されての通塾という形になるのでしょうか?

佐藤:そうですね。提携寮は市電で3駅なので、遠方の方もご利用いただければ通塾しやすい場所だと思います。また、県内の方でも、交通の関係上、熊本市までの通うのが大変という理由で寮をお使いいただくケースもあります。

川﨑:現役生は熊本市近燐というお話でしたが、現浪比、男女比等はいかがでしょうか?

佐藤:現浪比も男女比もともに1対1で、良いバランスが保たれています。同じモチベーションで受験に向かえる仲間がいるというのは、コミュニケーションも取りやすいので良いですよ。

川﨑:確かに、予備校に通う楽しみが増えて、一緒に喜んだり悩んだりできるのはすごく充実しそうですね。ちなみに現役生はどちらの高校の生徒さんが多いのでしょうか?

佐藤:いくつかありまして、公立では熊本高校、済々黌高校。そして私立では、真和高校、熊本学園大付属などから来られています。

在籍チューターについて

対談の様子

川﨑:少し話は変わりますが、チューターさんはどの大学の生徒が多いのでしょうか?

佐藤:現在の在籍チューター全員が熊本大です。当校のチューターたちはバリエーションも豊富ですごく面白いですよ。パワフルな女性チューターや、生徒と同じ高校を卒業しているチューター、そして再受験という厳しい受験を乗り越えて合格に至ったチューターなど個性豊かです。チューターはいろんな面で受験生にとっての「よいお手本」。優秀で色々な経験をもったチューターが集まっているからこそ、生徒さんにとっても十分なサポートができると考えています。

川﨑:そういう視点でチューターさんを集めていらっしゃる予備校は、あまり多くはなさそうですね。みなさん、質疑応答のお仕事をされているのでしょうか?

佐藤:もちろん、質疑応答など勉強面でのサポートがメインです。しかし、それだけではありません。当校には「地元ならではのアットホームさ」がありますので、学習指導以外にも生徒のいろんな相談にのって、アドバイスなどもしてくれています。とても面倒見がよく、私達も感謝しています。また、講師・スタッフ・チューターみんな仲が良いのも地元ならでは。生徒のことについても自然と普段の会話の中に出てくるケースが多々あり、生徒が抱えている悩みなども共有してフォローしています。

大学入試の特徴

メディカルラボ熊本校 佐藤 裕典氏

川﨑:熊本大の入試傾向等はどういった特徴がありますか?

佐藤:国公立大はあまり大学ごとに突出した特徴が見えにくいのですが、幾つかはあります。例えば推薦の地域枠は、県の職員さんが面接官。しっかりと地域医療について自分の意見や希望を明確に伝えていくなどが一つの対策にもなるかと思います。また、前期入試ではセンター試験における数学の配点が5科目の中でも非常に低いというのも特徴の一つ。2次試験では英語・数学の出題形式の変更が見られることもありますが、しっかりと傾向を見抜き、戦略的な学習方法を取ることで合格にグッと近づいていきます。

川﨑:数学の配点が低いというのは、珍しい傾向ですね。そういった「大学に特化した受験対策」などは行っているのでしょうか?

佐藤:はい、シーズンごとに必要なセミナーや対策講座などを行っています。年明けに熊本大の直前対策講座を実施しています。具体的には、予想問題を使って講師が傾向対策などの分析を含めて行うといった形です。私大も、福岡大・久留米大の入試担当者の方をお招きして説明会を行いました。今後も、秋に推薦対策、冬に直前対策など、大学の特色に合わせたイベントを継続して行っていく予定です。

受験生へのメッセージ

川﨑:ありがとうございます。最後に受験生へメッセージをお願いします。

佐藤:医学部受験が難関なのは言うまでもありませんが、「突き詰めて勉強していけば合格に手が届く」と考えています。私が受験生に対して常にアドバイスしていることは、「闇雲に努力する」ではなく「計画性を持って正しい方向に進んでいく」ということです。
そのためには、学習計画をスタッフや先生たちと共有し、偏りなく、苦手を作らせないこと。また、日々の指導を通して生徒の学習の癖を改善するなどと、色々と学習環境のサポートは必要と感じています。
メディカルラボには多くの受験ノウハウや学習メソッドがあり、それらを受験生に伝えていくサポート体制がしっかりとできあがっています。そこに対し受験生の「絶対合格する!」という前向きな強い意志を合わせることで、必ず道は開ける。だから絶対に諦めないで、いつでも私たちに相談にきてください。

(※本記事は2016年9月時点での内容になります。)

私立31大学の傾向と対策をみる

取材に協力していただいた予備校

資料請求リストに追加

 外観

医系専門予備校【メディカル ラボ】

メディカルラボでは、受験生一人ひとりに対して合格までの【個別カリキュラム】を作成し、そのカリキュラムに沿って、プロ講師陣が【1対1のプライベート授業】を行います。これが他の予備校とは一線を画するメディカルラボ自慢の【学習システム】です。その他にも【個...

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 「衣・食・住」を備えた 全寮制で医学部合格を勝ち取る!

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!