医学部予備校ガイドTOP » メディカルラボ » メディカルラボ校舎別特徴 » メディカルラボ福岡校

メディカルラボ福岡校の特徴

校舎情報

住所:
福岡県福岡市中央区天神1-12-7 福岡ダイヤモンドビル 8F
立地:
地下鉄空港線「天神」駅に地下で直結、西鉄「西鉄福岡」駅より徒歩3分
チューター在籍数:
10人(2015年9月時点)

取材協力者

池田 尚志

池田 尚志氏

天神駅直結のビル内にある福岡校
天神駅直結のビル内にある福岡校
新聞記事を張り出し面接対策
新聞記事を張り出し面接対策
教室が離れていてもカメラで安心
教室が離れていてもカメラで安心

通学者について

メディカルラボ福岡校 池田尚志氏

川﨑:まずは、福岡校に通学している生徒さんの通学圏はどの範囲かお伺いできればと思います。

池田:県内は福岡市、北九州市が中心となります。しかし、「医歯薬系の予備校が少ない」という理由もあって、佐賀、長崎から通う生徒も多数おります。少数ですが宮崎県、山口県からも通ってくる生徒がおります。

川﨑:県外からも多いんですね。九州といっても、佐賀、長崎、宮崎から通うのには結構距離ありますよね。寮生ではなくて通われているんですか?

池田:そうですね。全寮制ではないので、現役生は新幹線やバスで通学するケースもよくあります。地下鉄で10分程度の「西新駅」付近には提携寮もあるので、もちろん遠方の生徒は寮に入ることもあります。およそ生徒の半数は寮に入っていますね。

川﨑:寮が近くにあるのは便利ですよね。福岡校は現役生と浪人生の割合はどのようになっていますか?

池田:その年によっても多少変わりますが、およそ5対5です。

川﨑:現役生は主にどの辺の高校から通われているのでしょうか?

池田:市内からは西南学院、大濠高校、筑紫女学園になります。県外からは長崎の西陵高校や、佐賀県の早稲田佐賀ですね。現役生の割合としては、意外に県外から通うケースが多いんですよ。

川﨑:やはり志望校は福大や久留米など、地元の大学を志望されているんでしょうか?

池田:そうですね。地元の大学を志望する子も多いのですが、「生徒にあっている大学」を受験させるように心がけています。幸い、久留米大も福岡大も、医学部の中ではハードルもあまり高くないので、受験対象に入ってくる可能性は十分にありますね。

在籍チューターについて

対談の様子

川﨑:少し話が変わりますが、福岡校のチューターは何名くらいいらっしゃいますか?

池田:10名在籍していまして、九州大学の学生が最も多く、次いで福岡大と久留米大になります。やはりチューターとしての役割をきちんと果たすには、「十分な学力」が備わっていることが条件になりますので、採用試験は全科目受けていただき、採用合否の判定をしています。そのため、学力の高い「九州大学」のチューターの割合が多くなる傾向はありますね。

川﨑:なるほど。では具体的に、チューターさんはどんなお仕事をされているのでしょうか?

池田:主な業務は質問対応になります。生徒によって科目や分野など質問内容は様々ですが、自身の経験も含め的確な解答をしてくれています。また毎日の小テストの採点・解説もチューターが対応しています。そのおかげで講師もより柔軟に生徒対応ができるので良い循環が生まれていると感じています。

川﨑:毎日行っている小テストの内容について教えていただけますか?

池田:はい。メディカルラボでは毎朝「英単語テスト」、午後には「デイリーテスト」と、小テストを積極的に行います。福岡校のデイリーテストは、他校舎と違い「決められた問題をやる」ではありません。「生徒に解いてほしい問題」を講師が指定して徹底的に行います。そのため、ひとり一人問題は違うし、全員の学力改善効果が見られています。

大学入試の特徴

メディカルラボ福岡校 池田尚志氏

川﨑:地元の大学を志望する生徒が多いとのお話でしたが、面接や小論文の特徴など何かありますでしょうか?

池田:面接試験で特徴的なのは福岡大ですね。集団面接という形をとりつつ、内容は必ずしも医学に関することではありません。「瞬時に対応できるのか」「どんなコミュニケーションの仕方をするのか」などを重点的に見られていると思います。予期せぬ状況でこそ、真価が問われますからね。

川﨑:それは意外ですね・・・医療に関係のないことで話をするとなると、対策は立てにくくないですか?

池田:そうですね。内容に関して予測することは難しくなると思います。まずは基本的な「話し方」「聴く力」などをしっかり身に着けていることが大前提になるでしょうね。

川﨑:小論文試験に関してはどうでしょうか?

池田:福岡大の小論文は、一次試験で書く形になりますが、合否判断には2次試験として扱われる事になります。つまり、全員書かされますが、科目で一次を通過できなければ使われないことになります。久留米は、逆に、久留米は小論文が出来ると得点も高くなりやすいという傾向が見られるので、「小論文を重視しているのではないか」と考えてもいます。

受験生へのメッセージ

川﨑:最後に受験生へのメッセージをお願いします。

池田:周知の通り、医学部受験は最難関ですので、1点の差が合否を分ける程厳しいものです。そんな中合格を勝ち取るために重要となるのは、「目標をどこに置くか」ということです。もちろん、医学部に入ることは大切ですが、短期的なゴール設定はスタミナ切れもすぐに表れます。「医師になる」という将来的な目標があるからこそ、粘り強くがんばれるものです。将来を見誤ることなく、高いモチベーションで挑み、1点差でも絶対に勝利を手にして欲しいと思います。

(※本記事は2015年9月時点での内容になります。)

取材に協力していただいた予備校

資料請求リストに追加

 外観

医系専門予備校【メディカル ラボ】

メディカルラボでは、受験生一人ひとりに対して合格までの【個別カリキュラム】を作成し、そのカリキュラムに沿って、プロ講師陣が【1対1のプライベート授業】を行います。これが他の予備校とは一線を画するメディカルラボ自慢の【学習システム】です。その他にも【個...

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 「衣・食・住」を備えた 全寮制で医学部合格を勝ち取る!

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!