医学部予備校ガイドTOP » 【女子学生寮】徳川ドーミトリーってどんなところ?

【女子専用の学生寮】徳川ドーミトリーってどんなところ?

  • 徳川ドーミトリー座談会
  • 寮設備・食事について

自宅を離れての新生活。一人暮らしは良好な生活習慣が維持できないと不安に思っていませんか?そんなあなたには、寮生活がおすすめ。一般の賃貸住宅とは違って、食事や生活設備が整っていて、たくさんの仲間や思い出を作れる場所なんです。
今回は、JR山手線「目白駅」にある女子学生寮「徳川ドーミトリー」に行ってきました。なんと、徳川御三家の一つ、尾張徳川家によって作られた由緒ある寮とのこと。これから東京での予備校生活を考えている女子学生さんのために、その魅力をたっぷりとご紹介したいと思います!

徳川ドーミトリーの魅力を語ろう!

  • 新田勢剛 氏
    インタビュアー
    新田 勢剛 氏
  • M・Oさん
    在寮生
    M・O さん
  • K・Mさん
    在寮生
    K・M さん
  • 植田 さん
    寮母
    植田 さん

徳川ドーミトリーを選んだ理由

寮生のM・OさんとK・Mさん

新田:まずは率直な質問ですが、お二人はどうして「徳川ドーミトリー」を選んだのですか?

Mさん:当時、私は医学部予備校に通っていました。そこで紹介がされたのが徳川ドーミトリーだったんです。女子寮だし、駅が近くて人通りもあることから「安全そうだ」と親が決めてました。でも私自身も良さそうな寮だと思っていたので、そのまま親の意向に従いました。

Oさん:私の場合は、寮の候補はいくつかあったのですが、「食事が3食付いている」というのが一番の理由です。一人暮らしで勉強してると、つい食事とか手を抜いてしまいそうなので。予備校もすぐ近くにあり、昼休みに寮に戻って食事もできると思ったので、ここに決めました。

新田:寮生さんの目線だと「安全性」や「食事」などが決め手になったようですが、寮母さんから見て「徳川ドーミトリーの魅力」ってどこにあると思いますか?

植田さん:実は私達も「安全性」「食事」「環境」という3つをすごく大切に考えています。女子学生専用の寮ですから、夜間は不法侵入対策をしていますし、食事はイベントを取り入れるなどして「楽しい食事」を提供するように心がけています。また、環境面においても「勉強に集中できて不自由のない生活」を維持できるように精一杯お手伝いさせて頂きます。

二人とも私達が大切にしていることに共感して「徳川ドーミトリー」を選んでくれたんだなと、とても嬉しく思ってます。

寮生の安全を守るための門限

寮母の植田さん

新田:「安全性」という点で不法侵入対策とおっしゃいましたが、具体的にどのようなことをされているのでしょうか?

植田さん:23時を過ぎると、入り口がロックされて、赤外線が張られるので不法侵入を感知します。そのため、寮生さんには23時を門限として帰ってきてもらうようにお願いしています。

新田:お二人共、毎日23時までに帰っているのでしょうか?

Oさん:はい、守らないと毎回注意されるので・・・遅れないようしています(笑)

新田:でも、学生さん同士の「飲み会」で盛り上がってしまったり、「友達の家に泊まる」こともあると思うのですが?

Mさん:「遅れる!」って思って、親に外泊申請を頼んだ時が何度かあります。

植田さん:そうなんです。外泊時は必ずご両親からご連絡を頂くようにお願いをしています。大事な娘さんをお預かりしていますので、ここだけはちょっと厳しくやっています(笑)。毎日のお出かけ・お帰りの時間の記録を、半年に一度ご両親にはご報告していますので、どうぞ安心してお任せください。

美味しい食事を仲間と楽しく

座談会の様子

新田:先ほど、「食事も楽しく」というお話が出ていましたが、どんな工夫をされているのでしょうか?

植田さん:はい、スイーツをいっぱい並べて「スイーツ祭り」というイベントをもうすぐやります。「美味しいものをみんなで食べる」ことで新しい仲間ができるきっかけになればといいなと思っています。受験を控えた学生さんにも、純粋にリラックスして欲しいですからね。

Mさん:秋のプチ祭りで射的やった時が、私の中では一番楽しいイベントでした。

Oさん:私も射的楽しかった~。必死に景品狙ったりして。それにイベントの時はいつもは出てこないものが食べられたりするから楽しみです。

植田さん:周囲が徳川ビレッジという高級住宅街なものですから、今年の春はその豪華な一棟を貸し切りで新入寮生歓迎パーティーをやりました。立食形式で豪華なプレゼントが当たる抽選会や輪投げなどのゲームを行って、楽しんでもらえました。これが全員参加の一番大きなイベントですね。夏には七夕をやったり、冬はクリスマスもやったり。毎回手探りですけど、楽しんでもらえるように工夫しています。たくさん仲間が出来るのが、寮生活の大きな魅力だと思うんです。不安と期待をもって引っ越してくる学生さん達に、早く馴染んでもらって、気持よく勉強に励んでもらいたいです。

談笑する寮生

新田:ちなみに、お二人の好きなメニューって何ですか?

Mさん:時々でてくる、小さめのケーキが大好きです。(笑)

Oさん:クリスマスパーティの時の、ローストビーフが美味しかったんですよ。

Mさん:みんなと話ながら食べたり出来るから、それだけで楽しいってのもあるよね。

Oさん:そうそう。私は予備校生だけど、進学してる子も多いから視野も広くなっていい刺激になってます。

植田さん:イベントの時には屋台が出来て寿司を握ってくれたこともあるんですよ。

都会なのに静かで落ち着きがある

新田:実際に入寮してみて「環境面」での印象はどうでしょうか?毎日の生活で気になったことなどありますか?

Oさん:あまり不自由なことは無いです。先日、冷蔵庫壊れちゃったんですけど、寮母さんにお願いして直してもらいました。あとは、選挙カーとかバイクの騒音もなくて静かということ。地元だと「うるさい!」って思う時が多々あったのですが、ここは勉強しやすいです。

Mさん:喫茶店が近くにあるので気分を変えて一人で勉強できたり、カラオケに行って大声だしてストレス発散したり、友達と池袋へ買い物に行ったりしています。色々あるから便利ですよ。

新田:結構楽しく過ごしてるんですね。それでも受験期が近づいてくると、不安になったりしますか?

Mさん:私の場合は、受験シーズンが近づいてきて心の余裕はなくなりました。でも、寮のスタッフの皆さんがイベントなど楽しい時間をつくって盛り上げてくれたおかげで、勉強する力をもらえたなと感じてます。

植田さん:美味しいお料理があったり、立地環境が良いのは「寮」として当たり前だとすると、最後はやっぱり、みなさんの顔を見る事ができて、支えてあげられるスタッフがいることが大切だと思います。邪魔はしないように、適度な距離感を保ちながら、子供たちの成長する姿を見守りたいですね。

次のページ「寮設備・食事について」をみる
  • 徳川ドーミトリー座談会
  • 寮設備・食事について

運営会社の紹介

徳川ドーミトリー

徳川ドーミトリー

http://www.tokugawa-dormitory.jp/
東京・目白にある、敷地面積約7,000坪にも上る「徳川ビレッジ」内にある女子学生寮。閑静な佇まいと美しい外観を持つ快適な住まい提供によって、東京での学校生活に励む女子学生さんの健康と安全をサポートいたします。

メディカルフォレスト自由が丘校 医師に必要な資質を育む特別授業

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンスへ潜入!

東京医進学院 最短で最善の効果を!短期集中講座・合宿

ビッグバン テーマ別個別指導講座

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!