医学部予備校ガイドTOP » 【TMPS医学館】1年間で私立4大学に合格!

1年間で私立4大学に合格!

  • 草壁 大智 氏
    草壁 大智 氏
    合格大学:杏林大学(聖マリアンナ医科大学、埼玉医科大学、岩手医科大学)浪人年数:2年
  • 矢島 政道 氏
    矢島 政道 氏
    TMPS医学館 校長

「最短で合格するためにはここしかないかなと。」

草壁 大智 氏

川﨑:医師になろうと思ったきっかけからお伺いできればと思います。

草壁:一緒に暮らしている祖父が医師で、働いているところを身近で見ていたこともあり、自分は医師になるんだろうなと、昔からなんとなく思ってはいたんです。高3になり大学受験をきっかけに、初めて医師になることはどういうことなのかを考えて、祖父にいろいろ聞いたんですが、すごい大変そうな話ばかりだったのに、それでもやりがいがある職業だからと進められたんです。それに、自分でもここまで直接的に人を救える職業はないと思っていたので。

川﨑:身近に医師がいると、自分の将来もよりリアルに想像できるからいいですね!

草壁:そうなんですよ。病院は自宅と繋がっていて、小さい頃からよく通っていたんですが、患者さんが安心したり笑顔になっていくところを見てきたので、僕もこんな医師になりたいなと思っていました。

川﨑:目標となる人が身近にいると、それだけでモチベーションになりますね。ではなぜ医専の予備校に通おうと思ったのでしょうか?

草壁:浪人1年目は大手の予備校に通っていたんですが、生徒数が多いからか質問などが全くできず、成績が伸びなかったんです。結果1次試験で1校も受からなくて、当時はなにがダメなのかすらわかっていませんでした。医専の予備校は少人数制のところが多く、当然ですが医学部受験に特化した授業をしてくれるので、最短で合格するためにはここしかないかなと。

川﨑:確かに大手の予備校だと、当たり前ですけど医学部志望者じゃない人もいるので、医学部受験に特化した授業は受けられませんもんね。

草壁:そうなんです。その分医専の予備校は大手に比べると授業料が高くなってしまうと思うのですが、何年も浪人していたら結局それ以上の費用がかかるので、「今年1年は医専の予備校に通わせてほしい」と親に相談したのを覚えてます。

川﨑:医専の予備校ってたくさんあると思うんですけど、選定する際に重視していたポイントはありますか?

草壁:どの予備校もホームページにはいいことが書いてあって目移りしてしまうので、とにかく実際に足を運んで確かめるということは意識していました。4校くらい面談を受けに行きましたし、体験授業も受けましたね。条件としては、少人数制で面倒見が良さそうな予備校が自分には合うかなと思って探していました。

川﨑:やはり実際に訪れてみないとわからないことって多いですよね。その中でなぜTMPS医学館を選んだのでしょうか?

草壁:どうやら母が受験シーズン中に予備校を探してくれていたらしいのですが、後期試験の最中にTMPSから電話が来て、話してみると現状の成績などを聞かれて、まだ通っているわけでもないのに今後の試験のアドバイスをしてくれたんですよ!そんな予備校は他にはなかったのでとりあえず面談に行くことにしたんですが、電話の時の印象と全く同じで、とても親身になって話を聞いてくれて、自分にとっては理想の学習環境だと感じたからですね。

親以上に自分のことを理解してくれている”担任”の存在

対談の様子

川﨑:実際に入塾してからはどうでしたか?

草壁:大手の頃と違い質問しやすくなったのはもちろんですが、先生から話しかけてくれることも多いんですよ。生徒一人ひとりに応じてしっかりとコミュニケーションをとってくれて、特に担任の先生は親以上に自分のことを理解してくれている存在でした!

川﨑:それは心強い!40名限定の少人数制予備校だからこそのメリットですね!担任の役割を教えてもらえますか?

矢島:担任は担当生徒の1年間の学習プランを設計し、状況に合わせて軌道修正していきます。定期的にその生徒に関わっている全講師を集めて会議をし、各科目の成績等を含む改善案などを考えています。

草壁:学習内容もそうですが、志望校の選定など全てにおいてアドバイスをしてくれるので、その点はほんとに任せっきりで、勉強だけに集中することができていました。

矢島:親以上に理解しているというのも当たり前と言えば当たり前で、実は頻繁に親御さんとコンタクトをとって、勉強以外の情報も仕入れながら対応を考えていたので。そういう意味では、生徒に1年間を通じてやる気を出させることが担任の一番の役目ですね!

草壁:確かに「そんなことまで話してないけど…?」っていうような内容まで知っていて、でもだからこそ適材適所の対応をして頂いてたなって感じます。僕は一人暮らしをしていたので、話し相手になってくれてるだけでも十分支えられてましたし、結果的にはそのおかげで1年間高いモチベーションを保つことができたと思ってます。

川﨑:本当に理想的な関係性ですね。

矢島:そのモチベーションの差で明確に効果が違うのが、やはり自習時間になるんですが、TMPSでは自習室にも仕掛けを加えているんです。自習室の席は成績順に並べていて、年3回の席替えを実施しています。常に成績の近い人が勉強してる姿が目に入るので、自然と競争意識が芽生えますし、校内で何位以内なら合格ラインかを都度伝えることで、自分の立ち位置を明確にしています。

草壁:やはり同じくらいの偏差値の人が隣で勉強を頑張っているところを見ると、自分ももう少し頑張ろうって気持ちになりますし、定期的な席替えは気分転換できました。席も学習予定を記したプリントを貼ったりと、自分仕様にカスタマイズできたので居心地が良かったです。

川﨑:席替え1つでそこまで考え抜かれているのには驚きです。

少人数制のTMPSだからこそマッチした”反転授業”

川﨑:ちなみに偏差値でいうとどれくらい変わったんでしょうか?

草壁:TMPSに入塾する前は60なかったので、10近くは上がったんじゃないでしょうか。

川﨑:1年でそんなに上がったんですね!その一番の要因はなんだと思いますか?

草壁:例えば数学でいうと、反転授業は大きかったと思います。

川﨑:反転授業とはどういった内容になりますか?

矢島:アメリカでは15年以上前から導入されている学習方法になるのですが、簡単に説明すると、事前に授業の内容を、映像を用いて予習しておいて、実際の授業では演習を中心に進めるという手法です。そうなると予習の質がとても重要になってくるのですが、TMPSでは映像授業だけでなく、プリントを用意したりと工夫して理解させています。しっかりと予習できずに授業に臨んでも自分が辛いだけなので、生徒も一生懸命準備していて、良い相乗効果が出てました。

草壁:数学が苦手な人はとにかく問題を熟さないと成績は上がらないと思っていて、その点では予習を含めて数多くの問題が解けて、パターンみたいなものも理解できました。強制的なんですけど、こういう機会でもない限り自分ではなかなかできなかったんで、そこが逆によかったと思います。仮に予習の段階でわからないことがあっても、すぐに先生に聞いて解消できていたので、効率よく学べました。

川﨑:少人数制のTMPSだからこそマッチした授業形式なんですね!

弱点の克服方法を正確に把握できる”完全個別合宿”

完全個別合宿

川﨑:TMPSでは合宿も年複数回行われていると思いますが、草壁さんは参加しましたか?

草壁:夏の選抜合宿に参加しました。約1週間ホテルに泊まり込んで、24時間先生と一緒にいるので、スケジュール的にも普段の授業と比べて更にきつかったです。

矢島:環境が変わる特別な時間だからこそ、そこにしかない究極を味わってほしいので、普段の授業の延長になってしまったら意味がないんですよ。この合宿は、9月以降に訪れるきついタイミングで、「あの時に比べたら」って思って乗り越えてもらうための負荷トレーニングの役割なんです。

川﨑:選抜合宿の他にも、いくつか合宿の種類があるんですか?

矢島:生徒のニーズに合わせていろいろ行っています。草壁くんが参加した選抜合宿は、合格までもうひと押しの生徒を集めて少人数で行います。もちろん全生徒を対象にした通常の合宿もありますし、今年だと完全個別合宿の希望者が多かったですね。

川﨑:合宿なのに完全個別は珍しいですね。どのような内容になりますか?

矢島:名前の通りですが、生徒一人ひとりのためにオリジナルカリキュラムを組むので、泊数までもが全然違うんです。1人に長時間付きっきりで指導するので、問題を解く癖までもが見えてきて、弱点の克服方法を正確に把握できます。この合宿だけを受ける外部生も増えてきました。

川﨑:それでは最後に受験生に向けたメッセージをお願いします。

草壁:浪人していた頃は、どれだけ勉強しても受からないんじゃないかって思っていたんですが、実際はちゃんと勉強して当たり前のことができていれば、決して手の届かないところではありませんでした。先生の言うことを信じて、自分に甘えず普通に努力すれば絶対に成績は伸びるので、諦めずに頑張って欲しいです。

矢島:勉強は頭の善し悪しではなく、どう積み重ねるかだと思うんです。でもその積み重ねることこそが、一番つまらなくてなかなかできないこと。1人ではなかなかできないからサポートが必要で、そのサポートをするのが予備校の役割です。必要があればいくらでもお手伝いするので、成績が伸び悩んでいる人は是非一度相談しに来てほしいです。

川﨑:本日は貴重なお話をありがとうございました!

取材に協力していただいた予備校

この予備校に資料請求する

TMPS医学館 外観

TMPS医学館

TMPS医学館は、医学部を目指す生徒に最適な環境を提供する学校です。24時間開校・40人限定の少人数・年間500時間を超える徹底ケア・プロの中でも格の違う講師の採用・講師経験のあるスタッフの導入・PTSA会・反転授業など合格させる環境作りに妥協はしません。

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 「衣・食・住」を備えた 全寮制で医学部合格を勝ち取る!

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!