医学部予備校ガイドTOP » 【武田塾MEDICAL】日本初!授業をしない逆転合格術。

【武田塾MEDICAL】日本初!授業をしない武田塾MEDICALの逆転合格術。

武田塾MEDICALは、全国に101校舎(平成28年12月末現在)を構える武田塾の医学部特化版。今回は、これまで数多くの逆転合格者を輩出してきた武田塾で実践している、日本初の『授業をしない』学習システムを取り入れ、医学部特化のカリキュラムをプラスした、武田塾MEDICALの合格術に迫ります。

武田塾MEDICAL式逆転合格術

「授業をしない」

自学自習が大事

難関である医学部受験において最重要事項は完成度の高さです。合格者が正解できるレベルの問題をできるつもりのままにすることは許されません。 そして、偏差値を上げるためには、『わかる・やってみる・できる』の3ステップが必要です。しかし高校や予備校の授業では、ファーストステップの『わかる』までしか進めません。本当に重要なのは『やってみて、できる』ようにすることですが、そのためには自学自習でとことん問題を解いていくしかありません。その自学自習の仕方を徹底的に指導&管理することで、効率よく偏差値を上げていきます。

「一冊を完璧に」

全問正解の「完璧な一冊」にする

効率よく『わかる』を『できる』にするためには、自分に合った参考書を一冊完璧にする。これが最速です。入塾時に生徒一人ひとりの志望校レベルに合った参考書を指定し、受験日までにその『一冊を完璧』にしていきます。確認テストを毎日行い全部解けるようになるまで何度も繰り返します。

「学習進捗を毎日管理し完璧にするまで帰れない」

学習進捗を管理

武田塾MEDICALでは、現在の学力から志望校の合格レベルまでを逆算した、個別カリキュラムに沿って学習内容を毎日指定し、進捗を追っていきます。そのスケジュールに少しでも遅れている場合は、担当のスタッフがペースメーカーとして修正していき、確実に合格レベルまで導きます。

講師の方にインタビュー

武田塾MEDICAL 御茶ノ水校校舎長 楠木 翔太(クスキ ショウタ)
取材協力者
武田塾MEDICAL
楠木 翔太(クスキ ショウタ)氏
御茶ノ水校校舎長
自学自習で問題を解く

川﨑:授業をしないスタイルはかなり特殊ですよね。

楠木:そうですね。そもそも授業は『わかる』ためのツールであって、本来はそのあとの自学自習で問題を解くことによって、初めて『できる』ようになるんです。例えば英語の授業を受けただけで、英語の単語が覚えられるでしょうか?

川﨑:確かに単語帳など使って自分で暗記しますよね。

楠木:そうなんです。覚えるためにはノートを赤シートで隠すなどして、解答できるか『やってみる』ことが重要なんですよね。何度も繰り返して『できる』ようにしていかないと。結局、授業だけでは成績が上がりにくいので、自学自習ができない人はどこの予備校に行っても合格は難しいと思います。

川﨑:確かにそうですね。では『わかる』段階にもいない生徒は、どのように自学自習を進めていけばいいのでしょうか?

楠木:もちろん参考書は生徒一人ひとりのレベルに合わせて選んでますし、参考書といっても問題集みたいなイメージではなくて、講義用の教科書みたいな本を利用しているケースもあるので、自分で理解しながら進めていけると思います。それでもわからない場合は、現役医学部生や東大生が常駐しているので質問することもできます。なので現状で自学自習ができない人でも、その大切さを理解し継続して努力を続ければ、誰でも合格レベルまでは導けると思います。

川﨑:それなら安心ですね。参考書はどのように選んでいるんですか?

楠木:出版されている参考書は基本的に全て把握しているので、入塾前に学習レベルを把握して、その生徒に最適な一冊を選んでいます。

川﨑:全国で出版されている参考書を全てですか?

毎日確認テストを行う

楠木:そうですね。ただ、解説がしっかりしていて独学に合うものが理想なので、最終的には王道の参考書を選んでいるケースが多いですね。

川﨑:途中で参考書を変えることはありますか?

楠木:生徒の学習の定着度次第では変えることもありますね。武田塾MEDICALでは毎日確認テストがあるので、進捗に問題があればリアルタイムで修正し、合格に向けて最適な軌道に戻していきます。

川﨑:デイリーで進捗の確認と修正が可能なんですね。確認テストは具体的にどのようなことをしていますか?

楠木:その日に自学自習した単元の問題のいくつかをピックアップして、解いてもらっています。100点が取れるまでは何度も繰り返すので、100%理解してから次の単元へ進むことになります。

川﨑:100点が取れるまでですか…。なかなか次に進めない生徒も出てきそうですね。

楠木:そうですね。そのために特訓という時間も用意しています。現役医学部生や東大生がマンツーマンで、間違えてしまった箇所の解説や生徒の質問に答えたりします。例え100点が取れていたとしても、なぜこの公式を使ったのかを聞いたり、類似問題を解かせたりして、その解答の本質を理解しているかを確かめています。本質的に理解していないと、当然本番で間違えてしまうので、実はここが凄く重要なんです。

川﨑:そうなると答えを無意識に丸暗記して、できた気になってしまうみたいなことがなくなりますね。受験直前期では指導法を変えたりもしますか?

楠木:受験直前期は、過去問で志望校別の対策をしていますね。でもただ過去問を解いていくというわけではなく、間違えたところを分析して、類似問題を違う参考書から探して提示し、それを解かせて定着させています。

川﨑:全ての参考書を把握している、武田塾ならではの対策方法ですね。

武田塾MEDICAL 御茶ノ水校校舎長 楠木 翔太(クスキ ショウタ)氏

楠木:理想では、参考書ベースの勉強は10月末までに終え、11月から志望校別対策に進めればと考えています。カリキュラムは個々で緻密に計算しているので、計画通りに進みさえすれば、誰でも合格はできtると自負しています。

川﨑:カリキュラム通りに進む生徒って、結構いらっしゃいますか?

楠木:実際には修正の繰り返しで、入塾時に定めたカリキュラム通りに進む生徒はなかなかいませんよ。だからこそ自学自習の大切さを理解して、医学部に合格したいという強い気持ちと覚悟を決めた生徒でないと、武田塾MEDICALではやっていけないと思います。

川﨑:医学部に合格することは、それくらい難しいということですね。

楠木:その通りです。でも逆に言えば、強い気持ちと覚悟さえあれば、始めはここのペースに全くについてこれなかった生徒でも、徐々に慣れていくと思います。今まで何人もそういう生徒を見てきましたので。

川﨑:武田塾MEDICALでの学習が習慣化されれば、医学生になってからも勉強においては苦労しなそうですね。

楠木:そうですね。生徒の最終目標はドクターになることなので、うちのシステムで能動的に勉強できるようになれば、今後の人生でも困りません。そこを見据えての指導方針でもあるんです。

川﨑:なるほど。それでは最後に受験生に向けたメッセージをお願いします。

楠木:武田塾共通の理念は、一冊を完璧にすることです。途中で新しい参考書に手を出すのではなく、合格レベルの参考書一冊を完璧にして、受験会場に向かってほしいと思います。最後の最後まで諦めずに頑張ってください!

合格者インタビュー(現役生|獨協医科大学 合格)

一日のスケジュール
09:00~11:30自習学習→確認テスト(数学)
11:30~14:00自習学習→確認テスト(英語)
14:00~14:30休憩
14:30~17:00自習学習→確認テスト(生物)
17:30~19:30自習学習→確認テスト(化学)
19:30~20:00休憩
09:30~10:20特訓(数学、英語、生物、化学)

川﨑:なぜ武田塾MEDICALを選んだんですか?

合格者:父が昔から、授業を聞くよりも参考書を解いた方が力になると言っていて、武田塾MEDICALを探してきてくれたんですよ。

川﨑:まさに武田塾MEDICALの考え方とマッチしてますね。実際に通われて良かったと思うところはどこですか?

合格者:やっぱりただ授業を受けているよりも、参考書を解いている方が効率良く成績を上げられたと思います。あとは直接医大生とお話しができるので、受験生ならではの悩みを相談できたり、2次試験について情報をもらえたりもしました。

川﨑:武田塾MEDICALのカリキュラムについていくのは辛かったですか?

合格者:最初は辛かったですけど、徐々に慣れていきました。ここでの勉強時間がスタンダードになっていって、着実にレベルアップしている実感がありましたね。ここでやっていけたんだから、という自信にもなりました。なので自学自習ができて、意欲がある人には絶対にオススメの予備校です。

川﨑:ありがとうございました。

合格者実績

2016年 医学部合格者実績

医学部医学科 11名

2016年4月4日現在、最終合格者数[武田塾・武田塾メディカルの実績です]

  • 北海道大学 1名
  • 岩手医科大学 2名
  • 日本医科大学 1名
  • 防衛医科大学 1名
  • 秋田大学 2名
  • 東北医科歯科大学 1名
  • 帝京大学 3名

取材に協力していただいた予備校

この予備校に資料請求する

武田塾MEDICAL 外観

武田塾MEDICAL

毎日の課題を全指定し、100点を取れるまで帰れないシステム。入試本番までの個別カリキュラムを進捗に合わせてペース調整するきめ細かい教務指導。個別指導はもちろん、個別の質問対応やメンタル面のサポートも充実。まさに自学自習の徹底管理によって圧倒的な逆転合格に導きます。

メディカルフォレスト自由が丘校 医師に必要な資質を育む特別授業

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンスへ潜入!

東京医進学院 最短で最善の効果を!短期集中講座・合宿

ビッグバン テーマ別個別指導講座

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!