医学部予備校ガイドTOP » 【太宰府アカデミー】共同生活が生み出すシナジー

太宰府アカデミー 合格は生活習慣から!共同生活が生み出すシナジーとは?

  • 川﨑 雄太 氏
    川﨑 雄太 氏
    医学部予備校ガイド 編集長
  • 後藤 正男 氏
    後藤 正男 氏
    代表
  • 田端 秀人 氏
    田端 秀人 氏
    数学 主任
  • 鶴丸 雛子 氏
    鶴丸 雛子 氏
    福岡大学1年生
  • 岸川 顕 氏
    岸川 顕 氏
    昭和大学1年生

「いい意味で予備校らしくはなかったです」

鶴丸 雛子 氏

川﨑:最初にみなさんが医師になろうと思った理由からお伺いできればと思います。

鶴丸:私の祖父と父が医師として働いていて、幼いころから離島診療とかを近くで見ていたこともあり、自然と医師という職業について興味を持ってましたし、高校の進路を考える際に両親にも相談して、最も身近にあった医師になろうと決めました。

岸川:僕も親が医者で、その親に進められてっていうのが正直なところですね。でも太宰府アカデミーに入ってからは自ら本気で医師になりたいと思ってますが、理由は漠然としているため今でもどんな医師になりたいのか?は時々考えてますね(笑)

川﨑:やはり親御さんの影響は強いですね。ではなぜ太宰府アカデミーに入塾しようと思ったんですか?

岸川:1浪目は大手予備校に通っていて、その際は自分を律することができなかったり、大人数で質問などもできなかったため、全く勉強が捗りませんでした。そのため僕が予備校選びで最重要視してたのは、講師や教務の方と話してコミュニケーションが取りやすいか、相談しやすいかでした。太宰府アカデミーは全寮制ということもあり、よく面倒を見てくれそうだったし、自分のペースで勉強できると思ったので。もちろん面談の段階で、コミュニケーションもすごいとりやすかったですし。あと知人がここで合格したと聞いていたので、そこも理由の1つですかね。

鶴丸:私の場合1浪目は地元を離れたくなかったので、現役しか受け入れていない医専予備校で勉強させてもらいました。いろいろと無理があり2浪目は意を決して、本格的に寮のある医専予備校を探しました。入学面談のとき「昨年は良く頑張ったね」と言って頂き、努力を認めてくれる太宰府アカデミーにしようと直感で決めました。
ここは全寮制だから規則正しい生活を送れると思ったし、繁華街でもないので変な誘惑もなくて、勉強に集中できる環境の中自分を追い込めると思ったので。それに私自身、高校を卒業した際はとても医学部を目指せるような成績ではなかったので、大手の予備校に行っても授業についていけなくて、どんどん置いていかれると思ってたんですね。でも少人数制なら自分のレベルに合わせて授業を進めてもらえるし、とことん面倒を見てもらえると思いました。あとは医専の予備校なら、医学部に特化した情報もたくさんもっていると思ったので。

岸川 顕 氏

川﨑:では入塾した後の印象はどうでしたか?

鶴丸:予備校は勉強重視で先生との関わりは授業と質疑応答くらいだと思ってたんですが、ここの先生は積極的に関わってきてくれて、ちょっとしたことでも気にかけてくれるから、いい意味で予備校らしくはなかったです。もちろん先生だけでなく生徒同士の距離も近かったので、ライバルっていうより刺激し合う仲間って感じでしたね。

川﨑:少人数制の良さが表れてますね。岸川さんはどうですか?

岸川:思っていた通り、面倒見がほんとによかったです。本気でぶつかれば必ず応えてくれて、どんどん自分が勉強しやすいように変わっていきました。僕は数学に対して苦手意識が強かったので、田端先生が週1回僕用にプリントを作ってくれてましたね。

川﨑:確かに、面倒見の良さがひしひしと伝わってきました。でもここまでできるのは単に少人数制だからというわけではなく、講師の方々の熱意の表れですね。

後藤:太宰府アカデミーは学習意欲がある生徒や変わりたいという強い意志がある生徒にとって生活しやすい全寮制予備校であると共に、何とかしてサボろうとする生徒にとっては居心地が悪い予備校にしようと創立時から強く思っています。

「宿直の先生に独占で質問できるんですよ」

一日のスケジュール
6:00起床
6:30~7:200限朝自習
7:20~8:00朝食
8:00~8:20朝点呼・朝テスト
8:40~10:101限(解説授業)
10:20~11:502限(演習授業)
12:00~13:00昼食
13:20~14:503限(解説授業)
15:00~16:304限(演習授業)
17:30~18:40夕食
18:40夕点呼
18:50~20:205限(合同自習)
20:30~22:006限(合同自習)
22:05夜点呼
24:00就寝

川﨑:それでは1日のスケジュールを教えて下さい。

後藤:今年からは先手必勝で6時半から合同自習するスケジュールに変わったんですよ。

鶴丸:私は朝方だから去年からしてました(笑)

岸川:僕は朝弱いので今年からでよかった…(笑)

川﨑:朝自習は講師の方もいらっしゃいますか?

後藤:専任講師が泊りがけなので、もちろん朝もいますよ。宿直室は内寮と同じこの建物内にありますから。

田端:ちなみに僕は昨日から泊まっています(笑)

川﨑:あ・・・お疲れのところすいません・・・(笑)今日は何時起きですか?

田端:今日起きたのは5時ですね。教室自体は6時から開放していますが、早い生徒はその時間から自習してます。

川﨑:そんなに早くから来てるんですね。

後藤:それだけ早く来るとさすがに他の生徒はいませんから、宿直の先生に独占で質問できるんですよ。

川﨑:独占できるなら確かに早起きするメリットがありますね。朝テストではどのようなことをしているんですか?

田端 秀人 氏

田端:朝テストの問題は全科目オリジナルで作成していて、授業内容ともリンクさせてるんで、生徒の授業の理解度もそこで明確になります。その一人ひとりの結果を、また次の授業にうまく活かしてるんです。

川﨑:毎回の授業に改良を重ねてるんですね。合同自習ではどのようなことを行っていますか?

後藤:主には授業の予習・復習ですね。こちらから課題を出すこともありますが。

鶴丸:私の場合、その日の宿直の先生が担当する科目に合わせて、同じ科目を自習してました。わからないことがあればすぐに聞きにいけるので。

川﨑:なるほど。それは確かに賢い(笑)
全寮制ならではの厳しかったことはありますか?

鶴丸:少し調子が悪いとかでは休みにくかったですね。大手予備校だったら電話1本で休めると思うんですけど、ここだとしっかり確認しに来るので。やっぱり仮病は使えませんでしたね(笑)まあその分体調管理には気を付けるようにはなりましたよ。あとは自分に厳しくできるようになりましたね。

岸川:僕は1回だけ仮病を使って休みましたね(笑)でも中・高とも寮で生活してたので、とくに厳しいと思ったことはないですね。

後藤:そうなのか(笑)これからはもっとしっかりチェックしないとな…(笑)ちなみに風邪の生徒に対してはおかゆをつくって運んだりとかもしてますよ。

寮生に人気の「はなちゃん」

川﨑:そこまで配慮されてるんですね。でもやはり1日中寮で生活しているとストレスが溜まることもあると思いますが、どうやって発散してましたか?

鶴丸:わたしはやっぱりはなちゃん(犬)に癒されてましたね。

岸川:僕は数学が途中からすごく好きになって、数学の問題を解くのがストレス発散に繋がってました。

後藤:リフレッシュ方法としては、夕方の休み時間で近くの市営体育館で運動している生徒もいましたね。年間の行事としては屋上でBBQを行ったり、参加者を募って登山に行くこともあります。こういったこともリフレッシュに繋がってると思いますね。後は夕方の休みが2時間くらいあるんですけど、もちろん自習がメインですが職員室に来て庶務や教務と雑談することも多いから、それがリフレッシュになっている人も多いと思いますね。

岸川:確かにそれは凄くリフレッシュになってました!いろいろ話を聞いてくれるんですよ!勉強以外のバカ話もしてましたしね。今思うと、この何でもない時間がその後の勉強に集中できてた要因かも知れませんね。

「その生徒が今なにを求めているかなどを瞬時に察知できる」

後藤 正男 氏

川﨑:ズバリ全寮制の良さってどんなところですか?

田端:やっぱり授業時間が一般的な予備校とは全然違いますね。年間を通せば倍近くになるんじゃないでしょうか。大手予備校の場合は内容を凝縮して講義しなくてはいけないと思いますが、ここでは授業の中に演習の時間を組み込めることが大きな強みになりますね。

後藤:あとこれは当然と言えば当然なんですが、ずっと一緒にいますし生活まで共にするわけですから、生徒のことがよりよくわかりますね。その生徒に今なにが必要か、その生徒が今なにを求めているかなどを瞬時に察知できるので、リアルタイムで手を差し伸べてあげることができますし。

川﨑:それだけ生徒のことがわかるのは、やっぱり距離感だとは思うのですが、その距離感を縮めるためにしていることはありますか?

田端:先程もありましたが、生活を共にしているので自然と距離は近くなっていきますよ。なので特に意識していることはありませんね。ここまで一緒に生活していると数学のノートを見れば、この生徒がどんな性格なのか、どこでつまずいていたのかが分かりますし。この教え方ではわかってなかったんだなって思って教え方を変えてみたりと、こちらも日々勉強になってます。

川﨑:やっぱりそれだけ自分のことをわかってくれていると、質問などをした際のアウトプットの質も違いますか?

鶴丸:おっしゃる通り個人の癖などをしっかり把握した上で応えてくれるので、やっぱり自然と理解はしやすかったですね。きっと同じ質問をしてもその人に応じて返ってくるアウトプットが違うと思います。

対談の様子

岸川:鶴丸さんの言う通りアウトプットの質ももちろん違うとは思いますけど、そもそも僕は大手予備校にいるときは質問には1回もいったことがなかったんですが、ここでは質問しやすい雰囲気をつくってくれます。入った直後は僕のそんな性格を理解してか、先生の方から質問がないかを確認してくれたりもしてたので、ほんとによく見てくれてるなと感動してました。

田端:でもここまで出来るのは、なにも講師だけの力じゃなくて、庶務や教務の協力がとても大きいんです。この存在が講師と生徒の接着剤的な役割となり、学習を円滑に進めることができる大きな要因になってると思うんです。やっぱり全寮制はここの役割がとても大切ですね。

川﨑:それでは最後にこれから医学部を受験する方へメッセージをお願いします。

鶴丸:太宰府アカデミーに入ってからはずっと自分に厳しくやってきましたが、この1年間をやりきったという経験は、今の大学生活にも非常に大きな影響を与えていると思っています。受験というとても厳しい経験は、必ず今後の未来でなにかに活きてくるので、諦めず頑張ってほしいです。

岸川:医学部に合格するためにはほんとにコツコツ勉強するしかありません。先生の言うことをとにかく素直に聞いて、その通りに実行すれば必ず受かると信じて頑張って下さい。

編集者のコメント

取材でお伺いした際に真っ先に感じたのが、言葉では伝えきれないアットホームさ。休憩時間に職員室に生徒が集まって講師に質問したり、スタッフと談笑したりする姿を見て、受験生というより大家族のようにも見えました。ここまでのアットホームさが生み出せているのは、全寮制で生徒と共にする時間が長いことや職員から生徒に積極的に話しかけていることが多いからなのかなと感じました。
実際に、内気な生徒には講師自ら質問がないか聞いたり、精神的に不安定になっている生徒がいれば話を聞いてあげたりと生徒一人ひとりの性格や状態に合わせた柔軟な対応をしているとのこと。これこそが、究極の個別指導だなと感じましたし、親身になってサポートしてくれるスタッフがいるからこそ、精神的にも良い状態で受験に臨めるのではないでしょうか。
そんな熱心なサポートと温かみのある太宰府アカデミーなら、つらいと思われがちな受験生活もしっかりと乗り越えられるでしょう。

取材に協力していただいた予備校

この予備校に資料請求する

太宰府アカデミー 外観

太宰府アカデミー

太宰府アカデミーでは、生徒一人ひとりが受験に向けて万全な体力と精神力を持って日々過ごせるように、学習面だけではなく生活面に至るまで、とことん密着型で指導します。そのため全寮制となっており、まるで1つの大きな家族のような雰囲気の中、学習に専念できます。医学部合格という大きな目標を実現したいと思う若者は、当校に集い真剣に学んでほしいと願っています。

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンスへ潜入!

東京医進学院 2018年度私立医系大入試相談会

ビッグバン テーマ別個別指導講座

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格のための医学部受験セミナー

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!